データ削減とは

データ削減とは

データ削減とは

データ削減は、ストレージ・デバイスの容量を解放するために、データを可能な限りシンプルな形に削減する容量最適化技術です。データの削減方法は多数ありますが、アイデアは非常にシンプルで、できるだけ多くのデータを物理ストレージ内に圧縮して容量を最大化するというものです。 

以下に、ストレージ・ベンダーをより適切に評価できるよう、データ削減の基本について説明します。

データ削減のメリット

データ削減の主なメリットは、極めて単純明快です。記憶領域に格納できるデータが多いほど、購入するストレージ容量を減らすことができます。データ削減によって次のことが可能になります。

  • エネルギーの節約
  • 物理ストレージのコスト削減
  • データ・センターのフットプリント削減

データ削減により、ストレージ・システムの効率が大幅に向上し、ストレージ容量の総支出に直接反映されます。

オールフラッシュ・アレイ:データ:センターにフラッシュ・メモリのメリットをもたらす

HDDをSSDに交換するだけでも、NASやSANソリューションの速度や性能を向上させることができます。オールフラッシュ・アレイのメリットは、フラッシュ・メモリ自体のメリットと同様です。

  • 速度: メモリの読み書きおよびアクセス時間の高速化により、速度と性能が向上します。最良のオールフラッシュ・アレイでは、NVMe over Fabrics(NVMe-oF)を活用し、SAN全体のデータ転送速度の最大化と低遅延を実現します。
  • ポータビリティ: SSDはHDDに比べて大幅に小型化されています。純粋に物理的な面でも、フラッシュ・メモリは容量当たりのスペースのメリットがあります。容量当たりのコストにおいても、フラッシュ・メモリはHDDソリューションに急速に近づいています。
  • 耐久性: SSDは、物理的な可動部分がないため、落下や衝撃に対して回転ディスクよりも本質的に耐性が高くなっています。

FlashBlade のテストドライブ

Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

データ圧縮と重複排除

データ削減技術は、大きく2つに分類されます。

  • データ圧縮:このビットレート削減技術は、より少ないビット数のデータを使用して情報をエンコードします。圧縮アルゴリズムには、不可逆(一部の情報が失われ、データの解像度が低下する)と無損失(統計的な冗長性を削除することで情報が完全に保存される)があります。
  • データ重複排除:このプロセスでは、ストレージ・ボリューム内またはストレージ・システム全体でのデータの重複コピーを排除します(ボリューム間重複排除)。パターン認識を使用して冗長なデータを識別し、単一の保存されたコピーへの参照に置き換えます。 

実際には、両方のカテゴリーの技術を組み合わせて、システム内のデータを削減することができます。

ピュア・ストレージのデータ削減技術

ピュア・ストレージのPurity Reduceは、5種類のデータ削減技術を使用して、オールフラッシュ・アレイのスペースを節約します。

  • パターン除去: Purity Reduceは、反復するバイナリ・パターンを識別して除去し、重複排除スキャナーと圧縮エンジンでの処理データ量を削減します。 
  • 512Bでアライン、可変長の重複排除: 4~32KBの可変ブロックサイズの高性能インライン重複排除プロセスにより、データの一意のブロックのみがフラッシュに保存されます。
  • インライン圧縮: Purity Reduce は、追加のみの書き込みレイアウトと可変アドレスの使用により、固定ブロック・アーキテクチャに見られるような無駄な容量の発生を防ぎます。
  • ディープ削減: インライン圧縮処理後、より高度な圧縮アルゴリズムを適用するポストプロセスが実行され、さらなる省スペース化が図られます。 
  • コピー削減: FlashArray™上で作成されたコピーは、メタデータのみを使用します。Purityは、xCopyコマンド、スナップショット、レプリケーション、クローン用の予め重複排除されたデータのコピーを即座に提供します。

Purity Reduceは、フラッシュ・ストレージ業界屈指の、きめ細かく、かつ包括的なデータ削減技術です。

データ削減は、様々なアプリケーションやデータ・タイプに対して有効ですが、どの程度データ削減が可能かは実際にお試しいただくしかありません。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387
Your Browser Is No Longer Supported!

Older browsers often represent security risks. In order to deliver the best possible experience when using our site, please update to any of these latest browsers.