ピュア・ストレージが、ソフトウェア定義のストレージを活用してデータを簡素化する方法

ピュア・ストレージが、ソフトウェア定義のストレージを活用してデータを簡素化する方法

ソフトウェア定義のストレージとは

ソフトウェア定義のストレージ(SDS)は、ストレージ・ソフトウェアをハードウェアから切り離したストレージ・アーキテクチャであり、データ・ストレージ・インフラストラクチャのスケーラビリティ、柔軟性、制御性を向上させます。

ストレージ・ソフトウェアをデータ・ストレージ・インフラストラクチャから切り離す理由とは

ストレージ・デバイスにデータを読み書きするには、デバイス内のデータ管理を制御するソフトウェア層とのインターフェースが必要です。データ・アクセスに必要な最も基本的なドライバに加えて、ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)のような大規模システムに接続する場合には、ストレージ・デバイス自体と他のデバイスとの相互作用を管理できることも重要です。 

実際には、これは、それぞれが独自の管理ソフトウェアが動作する環境を持ち、異なるサーバーのネットワークを扱うことを意味していました。企業のデータ・ニーズが拡大するにつれ、新しいストレージ容量を汎用ハードウェアのクラスタに統合することも複雑になりました。特定のベンダーで統一されていたとしても、データ・センター内の古いサーバーのオペレーティング・システム(OS)との互換性を管理する必要があります。 

SDSへの移行は、コードとしてのインフラストラクチャ(IaC)の原則をデータ・ストレージ・レベルで実現する方法です。個々のサーバーや独自のソフトウェアの詳細を抽象化することで、クラスタ全体を単一のプログラム可能なソフトウェア定義のデータ・センター(SDDC)として扱うことができる柔軟性を得ることができます。

FlashArray//X のテストドライブ

セルフサービス環境でピュア・ストレージ FlashArray //Xの管理を体験してください。スナップショット、レプリケーション、ActiveCluster™、VMware統合などの高度な機能をお試しいただけます。

ソフトウェア定義のストレージのメリット

SDSの主なメリットには次のようなものがあります。

  • 場所指定なしのデータを引き出すためのシンプルなストレージ・システムで、自動化を容易にする
  • 必要に応じて新しい容量を無停止で追加できるスケールアウト・アーキテクチャ
  • ストレージ管理コストを大幅に削減

SDSは自動化が容易なため、必要に応じてインフラストラクチャ全体にワークロードを自動的に分散させ、データの要求に応じてリアルタイムで調整することができます。

Purity がソフトウェア定義のストレージに選ばれる理由

ピュア・ストレージの  Purity オペレーティング環境 は、ソフトウェア定義のストレージのメリットを享受するための高度なサービスを提供します。Purity の特長には次のようなものがあります。

  • 業界屈指のデータ効率 
  • 性能損失ゼロのティア 1 の耐障害性 
  • ディザスタ・リカバリとデータ保護機能を標準搭載 
  • グローバル・フラッシュ管理 
  •  Cloud Block Store™でクラウドとオンプレミスのストレージを 1 つのハイブリッド・クラウドに統合

Purity は可変長ブロックを中心に設計されており、特に混在環境および仮想化環境で、全てのアレイにおいて I/O が可変長となります。この洞察により、ピュア・ストレージは、クラウドの経済性とオンプレミスの制御および効率性を組み合わせたストレージ・ソリューションを構築しました。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387