安全かつ効率的にデータを保存

セキュリティと可用性が保証された方法でデータ保存を行うことで、信頼性を確保することができます。効率的な設計によりインフラストラクチャを最小限に抑え、データの増加率や利用率に対応した環境を構築できます。

データ・ストレージ容量の最適化

ストレージ容量は、ビジネス・ニーズに応じてオンデマンドで入手することで、経済効率が高まります。必要以上のストレージ容量を購入することはなく、クラウド・ストレージの機能や柔軟性のメリットを享受できます。CAPEX消費モデルから脱却し、実際の需要に応じて容量を増減するOPEXモデル*でビジネスを構築することができます。

ピュア・ストレージのアジャイル・データ・サービス・モデルは、きめ細かく、かつ包括的な、業界屈指のデータ削減技術です。ピュア・ストレージの提供するデータ削減および総合効率は、他のオールフラッシュ・ベンダーの追随を許しません。

ピュア・ストレージは、5種類のデータ削減技術を使用しています。

パターン除去:パターン除去では、ゼロの連続を含め、繰り返し現れる2進数のパターンを検出し、除去します。ストレージ容量の節約に留まらず、重複排除スキャナーや圧縮エンジンが処理するデータの削減も行います。

512Bでアライン、可変長の重複排除:512Bアライン、可変長ブロック(4K~32K)による、効率性に優れたインライン重複排除を提供します。フラッシュでは、固定ブロックのアーキテクチャでは見落とされる重複まで削除します。したがって、重複のないデー・ブロックのみが保存されます。そのうえ、このような容量節約のための調整は一切必要ありません。

インライン圧縮:インライン圧縮によってデータを削減し、元の形式よりも容量の使用量を減らすことができます。追加のみの書き込みレイアウトと可変アドレスの使用により、圧縮を最適化します。このことにより、固定ブロック・アーキテクチャに見られるような無駄な容量の発生を防いでいます。ディープ削減との相乗効果により、2倍~4倍のデータ削減を可能にしています。また、圧縮はデータベースにおけるデータ削減の主要な手段です。

ディープ削減:データ削減は、インライン圧縮の実行だけに留まらず、より高度な圧縮アルゴリズムを適用し、データをさらに削減します。他社の大半のオールフラッシュ製品では単一の圧縮アルゴリズムを使用しているため、このレベルの削減はできません。

コピー削減:FlashArray™ におけるデータのコピーに関わるのはメタデータのみです。Purityは、データ削減エンジンを活用し、スナップショット、クローン、レプリケーション、xCopyコマンドの、予め重複排除されたコピーを即座に提供します。

期待できるデータ削減の目安

多種多様なアプリケーションやデータタイプでデータ削減が可能ですが、貴社のデータでどれくらい削減が可能かは実際にお試しいただくしかありません。下に示す平均値は、最も一般的な運用事例から導き出されたものです。

偽物にご注意ください

多くのベンダーでは、本来の数値を補うために、データ削減率にシンプロビジョニングやスナップによる効果を含めています。ピュア・ストレージでは、インラインおよび常時オンのデータ削減技術がインストールベース全体におよぼす数値と、シンプロビジョニングを含んだ場合の数値とを分けて説明しています。

環境

データ削減

仮想サーバー環境

4~6:1

VMwareまたはHyper-Vを利用した仮想サーバー環境に、異種のアプリケーションが混在した状態での削減率です。

データベース環境

2~4:1

OLTP、OLAPはもちろんのこと、データベースでも、驚くほど大幅なデータ削減が可能です。削減の大半は圧縮によるものです。

仮想デスクトップ(VDI)環境

5~10:1

仮想デスクトップは、パーシステントかノンパーシステントかを問わず、データ・センター内で最もデータを削減できるワークロードです。

データを常に保護

ダウンタイムのリスクを軽減しながら、ミッション・クリティカルなアプリケーションやデータをオンラインで維持し、いつでもアクセスできるようにすることで、事業継続性を確保します。

フラッシュ用に全面的に再設計されたRAID-HAは、3種類のフラッシュの障害に対する保護を提供します。

デバイスの障害:RAID-HAは、同時に2台のドライブで障害が発生した場合でも保護を行います。数分のうちに、障害から自動的に復旧して再構築します。

ビットエラー:RAID-HAは、独自のチェックサムと専用のパリティにより、ビットエラーに起因する問題の検出と修正を行います。

性能の変動:RAID-HAは、性能の変動を障害として扱います。パリティにより潜在的なボトルネックを回避し、安定した低遅延を実現します。

インテリジェントなQoSでインフラを継続的にチューニング

Always-On QoS は、ノイジーネイバーを効率的に抑制することで、アレイ上でワークロードが適切な量以上のリソースを使用してしまう事態を防ぎます。ワークロードに対する人為的な制限はありませんが、アレイを最大限有効利用することは可能です。ワークロードのパフォーマンスを常に最大に保ちます。

FlashArrayは、次のような方法で100%の性能を維持しています。

アクティブ/アクティブの高可用性:コントローラをクラスタ化する設計のため、1つのコントローラ、またはコントローラ要素に障害が発生しても、運用には影響しません。

ミラーリングされたNV-RAM:書き込みI/OはNVRAMモジュールに記録されるので、インフライト状態の書き込みを電源の喪失やデバイスの障害から保護できます。

ホットスワップ可能な構成要素:DirectFlash™ モジュール、NV-RAMモジュール、コントローラは、ホットスワップして継続的に運用できます。このことは、障害から復旧する際にも該当します。

ステートレスなコントローラのアーキテクチャ:障害が発生したコントローラの接続を解除して、新しいコントローラを接続するだけで、FlashArrayは正常に動作します。性能への影響はありません。

常に有効な暗号化

ピュア・ストレージは、暗号化を常に有効にするアプローチをとっているため、追加のタスクが発生しません。エンタープライズ・レベルのデータ・セキュリティが組み込まれており、ユーザーの介入やキー管理は必要としません。また、バックアップ保護、バックアップ・ソフトウェアの統合、高性能なリカバリ機能により、ランサムウェア攻撃からデータを守ります。FIPS 140-2認定済みの暗号化、AES-256暗号化(保存データ暗号化: Data at Rest Encryption、性能への影響なし)によってコンプライアンスを遵守し、GDPRコンプライアンスの達成を支援します。EncryptReduce は、FlashArrayからホスト・サーバーへの完全な暗号化と、完全なデータ削減を可能にします。

保守中でも通常運用

ストレージ・アレイが数百ものアプリケーションをホストしているような状況では、ダウンタイムは許されません。そのため、業務を中断せずにストレージの管理作業を行えることを保証することが、ピュア・ストレージの製品設計の重要な部分を占めています。

無停止で容量を拡張 : フラッシュの容量をオンラインで追加して、即座に利用できます。

無停止でコントローラをアップグレード : ストレージの世代が変わる場合も含めて、ダウンタイムなしで性能を強化できます。

無停止でハードウェアを交換 : 障害が発生した構成要素の保守や交換をオンラインで実行できます。

無停止でソフトウェアをアップグレード : ソフトウェアのアップグレードを通じて、新機能やフラッシュ技術の進化を享受できます。その際、可用性だけでなく、アプリケーションの性能にも影響を与えません。

ピュア・ストレージは、保守中でも性能を維持します。FlashArrayのI/O処理は、両方のコントローラの全てのポートでアクティブ/アクティブですが、システムは1つのコントローラの処理能力をバックエンドに残しています。そのため、全ての保守操作が性能への影響なく実行できます。

* OPEXの処理には顧客側の監査が必要です

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387

ピュア・ストレージ導入
簡単 3 ステップ

1. ニーズご相談

データ・ストレージのニーズについて個別にご相談をお受けしております。

2. PoC 実施

お客様にご協力いただき、専門チームが PoC(概念検証)を実施します。

3. ピュアへ移行・ピュアを導入

総所有コスト(TCO)削減効果を実証し、移行・導入のお手伝いをいたします。