Skip to Content
Purity Protect

事業継続性の確保

データ・ストレージの確実なセキュリティによる事業継続性の確保

確実なストレージの保護が、ビジネスのシームレスな継続を可能にします。Purity には、常時有効なデータ保護、ランサムウェア対策など、事業継続性を確保するための機能がネイティブに組み込まれています。

常時有効な保護とリカバリ

常に有効なデータ・セキュリティの機能が、確実なデータ保護を可能にします。ピュア・ストレージの製品における保護機能は、データの生成時に既にその役割を開始します。エラーが起こりやすい管理サイクルや、老朽化したソフトウェアのアップデートによる脆弱性などのリスクを回避し、不変の(イミュータブルな)ストレージ・ソリューションを提供します。

セキュリティを組み込み

Purity では、保護機能は、データ格納機能の一要素として提供されます。追加機能として設定する必要はありません。Auto-on SafeMode™(自動オンの SafeMode)が、常時有効な保護機能を提供します。セットアップ、環境、プロセスの変更は不要です。SafeMode スナップショットは、データの不変的なコピー(イミュータブルなコピー)によってデータを保護し、サイバー攻撃後のリカバリを確実なものにします。SafeMode のスナップショットは、攻撃者による破壊や暗号化ができません。

オブジェクト・レベルの保護ポリシー

Auto-on SafeModeの保護ポリシーでは、オブジェクト・レベルの設定が可能なため、データの作成時にどのデータを保護するかを選択できます。これにより、保護対象となるアプリケーションやデータの重要度に則した、細かい粒度のセカンダリ・ストレージの設定が可能になります。例えば、テスト環境ではデータの重要度が比較的低いため、データを保護対象から外すというポリシーを適用できます。ステージング環境からプロダクション環境に移動する際には、容易な操作でデフォルトの保護ポリシーを適用できます。

事業継続性を容易に確保

複数のラック、データセンター、メトロエリア間における一段階上のデータの可用性を容易に実現します。ハードウェアやソフトウェアの追加は不要です。ActiveCluster™ によるアクティブ/アクティブの同期レプリケーションでは、新しいボリュームの追加、ボリューム・サイズの拡張、スナップショットの作成、ボリュームの QoS 制限の適用といった構成の変更は、両方のアレイで同時に行われます。ActiveCluster は、自動フェイルオーバーにより、ゼロ RPO/RTO を実現します。ユーザーによる操作は不要です。

離れた拠点間での耐障害性

Purity は、ファイルとブロックに対する継続的レプリケーション機能を実装し、データ保護をさらにシンプルにしています。Purity ActiveDR™ は、継続的レプリケーションを通じて、離れた拠点間でデータをシームレスに保護し、ほぼゼロの RPO と最小限の RTO を実現します。ActiveDR は、単一コマンドのフェイルオーバー、インテリジェントなフェイルバック、無停止のディザスタ・リカバリ検証により、障害発生時の対応力を高めます。

バックアップとリストアをシンプルに

Purity がバックアップのプロセスを容易にします。FlashArray™ の GUI でスナップショット・スケジュールを作成し、FlashArray//C、FlashBlade®、または別の NFS デバイスを選択するだけ。Amazon S3、Azure もターゲットとして選択できます。リストアは、スナップショットを選択するだけで実行できます。

クラウド・バックアップを快適に

Pure Cloud Block Store™ が、クラウド上のバックアップ・データとスナップショットを保護し、最小限の RTO/RPO でのリストアを可能にします。Purity CloudSnap™ は、クラウドベースのデータ・モビリティを提供し、テスト・開発、長期保存、複数のリカバリ・シナリオ、コスト削減などを目的としたオフプレミスへのデータ移動をシンプルにします。

VMware のためのディザスタ・リカバリ

Purity と VMware Site Recovery Manager(SRM)を統合することで、自動化ソフトウェアによるサイト間でのアプリケーション・リカバリおよびモビリティのオーケストレーションが可能になります。VMware SRM を利用することで、数千の VM のリカバリ・プランの一元化による DR の効率化が可能になります。リカバリ・テストは無停止で実行できます。

ご相談・お問い合わせ
ご質問・ご相談

ピュア・ストレージ製品および認定についてのご質問・ご相談を承っております。ご連絡をお待ちしております。

デモのご用命

ライブデモのご用命を承っております。ピュアがいかにしてデータを成果に変えるお手伝いができるかをご説明します。 

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

〒100-0014 東京都千代田区永田町 2 丁目 10-3 東急キャピトルタワー 12 階

 

一般: info-japan@purestorage.com

メディア: pr-japan@purestorage.com

03-4563-7443(総合案内)

閉じる
このブラウザは現在サポートされていません。

古いブラウザには、セキュリティ・リスクが存在する場合があります。ピュア・ストレージの Web サイトをより快適にご利用いただけるよう、最新のブラウザにアップデートしてください。