NVMe Express®とは

NVMe とは

NVMe(Non-Volatile Memory Express)とは、PCI Express(PCIe)を介してSSDやフラッシュ・ストレージなどに用いられている不揮発性メモリとホスト・ソフトウェアを接続するための規格です。NVMeの読み方は、エヌブイエムイーです。 NVMeの利点は、フラッシュのために開発されたフラッシュ指向なプロトコルにより、これまでのSCSIでは実現できなかった高速処理や低レイテンシといったSSD本来の性能を引き出せることです。

旧来のストレージ・システムでは、コントローラ・プロセッサからのSAS(シリアル接続SCSI)リンクを使用してフラッシュと通信します。SASは、ディスク用に設計されたSCSIという従来のプロトコルを使用しますが、フラッシュと通信するにはシリアル・ボトルネックが発生します。CPUコアからフラッシュへの各接続は、SASホスト・バス・アダプタ(HBA)と同期ロックによって制限されます。このシリアル・ボトルネックは、オールフラッシュ・アレイのバックエンド内で性能ボトルネックを発生させます。PCIeプロトコルを介したNVMeは、SAS(SCSI)で発生していたボトルネックを排除することを約束しています。NVMeは、各CPUコアに各SSDへの専用キュー・アクセスを提供できる最大64Kのキューとロックレス接続で大規模な並列処理を実現します。

NVMeに加えて、NVMe-oF(NVMe over Fabric:RDMA対応のFast Ethernet、ファイバー・チャネル、InfiniBand、またはその他のファブリックでチャネル化)は、SCSIレスのサーバーとストレージの接続を大幅に高速化するための新しいプロトコルです。