ピュア・ストレージ、FlashBlade の売上高が約 10 億ドルを達成 ― フォーチュン 100 企業の 25% 以上が導入

市場カテゴリを定義する統合型高速ファイルおよびオブジェクト・プラットフォームである FlashBlade が 5 年間で急速に成長し、お客様に貢献
FlashBlade の売上高約 10 億ドルを達成

2021 年 5 月 19 日

マルチクラウドの世界でストレージ・アズ・ア・サービスを提供する IT のパイオニアであるピュア・ストレージ (NYSE: PSTG) は、FlashBlade® の提供開始から5周年を記念して、成長のマイルストーンを発表しました。

FlashBlade は 2016 年 3 月の発表以来、四半期ごとに前年比で一貫した成長を遂げてきました。一般提供(GA)から 2 年以内に、FlashBlade は 2 億 5,000 万ドルのランレートに達し、顧客数は 3 倍以上になりました。FlashBlade は驚異的なスピードで顧客ベースを拡大および多様化し続けており、2021 会計年度には、数百もの FlashBlade の新規のお客様が増え、GA から 4 年後に、売上高は約 10 億ドルに達しました。現在、フォーチュン 100 企業の 25% 以上が、非構造化データから価値を引き出すために FlashBlade を使用しています。

FlashBlade の成長は、お客様の現在のニーズを解決するだけでなく、次世代のモダン・データとアプリケーションを利用してビジネスを活性化できるようにする継続的なイノベーションによって支えられてきました。FlashBlade はこれまでに、以下のようなイノベーションを提供してきました:

  • 次世代のワークロードを強化するためのプラットフォームの進化:FlashBlade は、当初から高密度のスケールアウト容量と多次元パフォーマンスを念頭に置いて構築されており、例えば、ネイティブ SMB サポート、ランサムウェア保護用の SafeMode™ スナップショット、そしてリアルタイム分析用に設計されたソフトウェア拡張機能などの継続的な機能アップグレードによって強化されています。2020 年、FlashBlade は、ストレージの新しいカテゴリである統合型高速ファイルおよびオブジェクト(UFFO)の市場を定義しました。FlashBlade は、高速ファイルおよびオブジェクトの機能を単一のプラットフォームに統合することで、非構造化データの増加に対応する将来性のあるインフラストラクチャをお客様に提供します。
  • 卓越したパートナーシップと統合ソリューション:お客様のさまざまな課題に取り組むため、FlashBlade は、それぞれ独自のパートナーシップを実現しています。NVIDIA とは、業界初の AI 用途向けレファランス・アーキテクチャ(AIRI®)を開発しました。これは、ディープ・ラーニングを大規模に展開するための共同ソリューションです。また FlashBlade は、統合型高速ファイルおよびオブジェクト・プラットフォームを AWS Outposts にまで拡張し、ハイブリッド・クラウド・ソリューションを使用する企業が現在および次世代ワークロードを統合できるようにしました。
  • 柔軟な消費モデルと無停止のアップグレード:ピュアの Evergreen™ サブスクリプションにより、FlashBlade を導入しているお客様は、中断、ダウンタイム、または容量の再購入なく、新しい機能を導入できます。Pure as-a-Service を通じて FlashBlade の統合型高速ファイルおよびオブジェクト・サービスを購入するオプションにより、お客様はプレミアム層とウルトラ・パフォーマンス層から選択でき、従来のファイルとクラウド・オブジェクトのワークロードだけでなく、さまざまな AI と機械学習、高性能コンピューティング、およびソフトウェア開発のニーズもサポートします。それらはすべて、従量課金にて提供されます。

ピュア・ストレージの FlashBlade のバイス・プレジデントおよびゼネラル・マネージャーのマット・バーは、次のように述べています。

「FlashBlade の成長はすべての業界ベンチマークを上回っており、急速に拡大している顧客ベースの広さと深さを非常に誇りに思っています。エンタープライズ・データの大部分が構造化されていない未来に目を向けると、FlashBlade は、企業が最新および次世代のデータを活用するために必要なインフラストラクチャを提供する実証済みのイノベーターだといえます。」

ピュア・ストレージ
バイス・プレジデントおよびゼネラル・マネージャー マット・バー

ピュア・ストレージのアジア太平洋地域・日本のエマージング・テクノロジー・ソリューションのバイス・プレジデントである Sunil Chavan は、次のように述べています。「この 1 年、企業の加速するデジタル・トランスフォーメーション計画に合わせ、アジア太平洋地域と日本で FlashBlade が多数導入されました。非構造化データは、この地域のお客様にとって主要なデータ形式になりつつあります。FlashBlade の統合型高速ファイルおよびオブジェクト機能により、モダン・データ・エクスペリエンスを提供できます。」

FlashBlade を導入しているお客様は業界の中でも満足度が高く、B2B 企業の上位 1% で、ピュアの NPS スコアに貢献しています。お客様のレビューに基づき、FlashBlade はガートナー ピア・インサイトの「2021 年分散型ファイル・システムとオブジェクト・ストレージ」部門において、カスタマーズ・チョイスに選ばれました。さらに TrustRadius において、FlashBlade は「オブジェクト・ストレージ」部門で 2020 年のトップ評価賞を獲得しています。

マイクロフォーカスのプリンシパル・データ・エンジニア、Chris "CB" Bohn 氏は、次のように述べています。「FlashBlade の性能は素晴らしく、ダウンタイムはありません。 Vertica on Pure Storage を使用すると、お客様の 360度のビューと高速で洗練された分析が利用でき、ビジネスにあらゆる種類の洞察を提供し、お客様の成功をお手伝いします。ユーザーがそこに使用されている新しいテクノロジーについて知ることはありませんが、Vertica を利用すると、質問に対してはるかに速く答えが返ってくることは分かります。 1 つの顧客ナレッジ・ベース・レポートの実行に以前は 7 日かかっていましたが、現在は 2 秒で完了します。」

シンガポールの南洋理工大学(NTU)の CIO(最高情報責任者)、Alvin Ong 氏は次のように述べています。「I/O レイテンシーを下げながら性能を向上させる FlashBlade の機能は、私たちの期待を上回るものでした。 FlashBlade を使用することで、スーパーコンピューティング・リソースに対する需要の高まりに対応し、環境保護に関して話し合いながら、世界クラスの研究重点型大学としての NTU の地位を強化できると確信しています。」

詳細は、ピュア・ストレージのウェブサイト(FlashBlade についてのページ)をご覧ください。

ピュア・ストレージについて

ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、技術者の負荷削減に寄与します。ピュア・ストレージが提供する「モダン・データ・エクスペリエンス」は、真の「サービスとしてのストレージ(STaaS:Storage-as-a-Service)」モデルによって、複数のクラウド間でシームレスな自動化運用を実現します。急速な成長を遂げているエンタープライズIT企業の 1 つとして、企業がデータを強みに変えるためのソリューションを提供しています。ピュア・ストレージのソリューションにより、企業はデータをより有効に利用できるだけでなく、インフラ基盤の複雑性を解消し、管理コストを削減できます。ピュア・ストレージは、NPS 顧客満足度調査において B2B 企業の上位 1% に値する高評価を受けています。ピュア・ストレージについて詳しくはこちらをご覧ください。

Pure Storage、「P」ロゴマーク、Portworx および、www.purestorage.com/legal/productenduserinfo.html に掲載されているピュアの商標リストにあるマークは、Pure Storage, Inc. の登録商標です。このプレスリリースの全ての商標または名称は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ
ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社
マーケティングマネージャー 吉留
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387
Your Browser Is No Longer Supported!

Older browsers often represent security risks. In order to deliver the best possible experience when using our site, please update to any of these latest browsers.