データ・アプリケーションとは ― データ量より情報量の重視へ

データ・アプリケーションとは ― データ量より情報量の重視へ

ビッグデータが世界を席巻しています。世界のデータ量を測定するうえで、テラバイトはかつて有用な単位でしたが、データの膨大化に伴い、ペタバイトやゼタバイトで表されることが多くなっています。データの多くは、企業内のリサーチ・システムや取引システム以外の場所に格納されています。

この Web ページを読んでいただいている間にも、50 時間分以上の動画が YouTube にアップロードされ、検索エンジンで何百万件もの検索が行われ、数百万ドル分もの取引が eコマース上で発生しています。ビッグデータの増加は、ハイテク企業だけで見られる現象ではありません。データの激流の影響は、ほぼ全ての業界に及んでいます。

よりパーソナライズされたマーケティングや予測型在庫発注など、ビッグデータにさまざまな用途があることは従来から知られていましたが、大半の企業では、ビッグデータを活用できていないのが実情です。

ビッグデータとは、具体的には何なのでしょうか? ビッグデータとは、既存のデータ管理システムでは処理しきれない膨大な量の情報が生成されている現象をさします。あるいは、企業がデータを豊富に保有しているのにもかかわらず情報が不足している状態、と言い換えることもできます。

的確な経営判断に役立つ画期的な知見を得るためにデータを活用できれば、大量のデータは極めて有益な資産となります。しかし、データを解釈するツールがないと、活用されないまま眠る巨大なデータベースを抱えることになります。

こういったビッグデータの課題を解決するのに役立つのが、新しい概念である「データ・アプリケーション」です。

データ・アプリケーションの概要と仕組み

データ・アプリケーションは比較的新しい概念であり、一般的な定義がまだ定まっていません。アプリケーションが機能するにはデータが必ず必要となるため、厳密にはどのアプリケーションもデータ駆動型アプリケーションに該当するということもできます。

しかし、ビジネス・インテリジェンスやアナリティクスの世界では、データベース上の利用可能なリソースに関する情報をユーザーに伝えるグラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)が、データ・アプリケーションの重要な特徴として位置付けられています。ビジネス・アナリストなどのユーザーは、データ・アプリケーションを使用してデータベースに対してカスタム・クエリを実行し、より確かな情報に基づいた判断に役立てることができます。

データ・アプリケーション(データベース・アプリケーションではない)は、データ可視化ツールと Web アプリケーションの両方の特徴を備えており、意思決定者、特定分野の専門家、消費者などのエンドユーザーが大規模なデータセットを可視化して効果的に操作することを可能にします。

旅行予約サイトは、データ・アプリケーションの一例です。Orbits や Kayak などのサイトは大量のデータを取り扱っており、利用者が容易にフライトを見つけて予約できるよう、データを動かしてインタラクティブに可視化しなければなりません。

こういったサイトを利用するとき、フライトの閲覧しかできず、フライトを予約するには旅行代理店に電話しなければならないような状況を想像してみてください。かなり不便な思いをすることになります。

しかし、多くの組織は、自社が保有するビッグデータに対してこれと同じようなアプローチをとっています。データ・アプリケーション推進の動きは、エンド・ユーザーがデータを見て報告するだけの状況から、誰もが日常業務の一環としてビッグデータの可視化、操作、解釈を容易に行えるような環境への移行を主眼としています。

FlashBlade テストドライブ

テストドライブは無料です。お客様による機器の追加やセットアップも必要ありません。Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をハンズオンでお試しいただけます。

テストドライブを申し込む

データ・アプリケーションの例

データ・アプリケーションの例を以下に示します。

  • Orbitz:Orbitz は、厳密にはメタ検索エンジンを備えた旅行運賃のアグリゲーター・サイトです。Red Hat Linux と Solaris をベースとするプラットフォームで運用されており、クラスタ化された Java 環境を使用しています。Orbitz は世界各国のブランドと提携しており、複数の国、企業、通貨に関わる情報を正確に供給すること、世界中のエンド・ユーザーに対して一貫性のある安定したエクスペリエンスを提供することが求められています。
  • Exaptive:Exaptive は、生産性と創造性の高いコラボレーションがより多く活発に行われるよう、データやツール、人を互いにつないでイノベーションを促進させることをミッションとするソフトウェア開発会社です。顧客にはヘルスケア機関が含まれており、Exaptive のデータ管理アプリケーションは、公衆衛生データの中に隠れたリソースの抽出、データの重複の回避、疫学における知識共有の推進のために使用されています。
  • Dataiku:Dataiku は、ビッグデータの集計、可視化、運用を包括的に支援する、一元化プラットフォームです。Dataiku のセルフサービス・プラットフォームは、大規模な分析やエンタープライズ・レベルの AI 活用など、さまざまなユースケースで利用され、有用な知見を容易に発見して実行に移すための機械学習の実運用化に貢献しています。

企業におけるデータ・アプリケーションの有効活用を阻む従来型インフラ

データ・アプリケーションは、あらゆる企業にメリットをもたらす可能性を持っています。しかし、データサイロのような断片化した IT インフラによるデータ・モビリティの低さが障壁となり、多くの組織がメリットを享受できずにいます。

組織がデータ・アプリケーションの力を最大限に活かすには、あらゆるデータへのアクセスが必須となります。しかし、従来型 IT インフラ内のデータは、多くの場合に、組織内の各部門によって管理されており、部門ごとに独自のワークフローや専門用語、ソフトウェアが存在します。そのため、収集したデータを組織全体で共有することが困難になりがちです。従来型の IT インフラによるサイロ化が、組織全体のデータ・モビリティの障壁となっているのです。

データ・ストレージのサイロ化が生む弊害の例を以下に示します。

  • 断片化したデータ・エコシステムに起因する管理コストの増大
  • 部門データ間の一貫性の欠如、重複、不整合性
  • オンプレミス環境とクラウド・インフラの間のデータ・モビリティの低さ

ビッグデータ・アプリケーションの有効活用には、IT インフラのモダナイズとデータ管理アプリケーションへの移行が欠かせません。

ピュア・ストレージが支援するデータ・アプリケーションの活用

データの巨大化、高速化、統合は、今後さらに進むと予測されます。ピュア・ストレージは、そのような未来を迎えるうえで必要な包括的なデータ・ストレージ・ソリューションを提供します。

ピュア・ストレージは、ガートナーのマジック・クアドラント 2022 年 「プライマリ・ストレージ」部門のリーダーに位置付けられており、柔軟性、俊敏性に優れ、運用管理が容易なデータ/ストレージを提供しています。

ピュア・ストレージを導入することで得られるデータ・アプリケーションの利活用のメリットの例を以下に示します。

  • さまざまなソースからの高スループット・データ・ストリーミングに対応する統合データ・ハブへの集約
  • Evergreen™ による、ダウンタイムやデータ移行なしの無停止アップグレード
  • クラウドの経済性とオンプレミスの制御性・効率性を兼ね備えた、シンプルなデータ管理システム
  • FlashBlade® による、俊敏で効率的なスケールアウト・フラッシュ・ストレージ

貴社が所有するデータを全て、ピュア・ストレージ製品のように応答性が高く運用しやすいプラットフォームに格納することで、隠れたインサイトを引き出し、ビジネス目標の実現に向けた的確な意思決定と、決定内容の実行が可能になります。新製品のリリース、データ保護の強化、またはコア・アプリケーションの高速化など、あらゆる目的において、ピュア・ストレージは、モダン・データのニーズに応える性能とスケーラビリティを提供します。

800-379-7873 +44 2039741869 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 1 83 76 42 54 +49 89 12089253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 202457440 +46850541356 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 43 505 28 17 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387 +48 22 343 36 49
このブラウザは現在サポートされていません。

古いブラウザには、セキュリティ・リスクが存在する場合があります。ピュア・ストレージの Web サイトをより快適にご利用いただけるよう、最新のブラウザにアップデートしてください。