ビッグ・データとはあ

ビッグ・データとはあ

ビッグ・データとは

今日のビジネスでは、膨大な量のデータを様々なソースから収集しており、多くの場合、それらをリアルタイムで分析する必要があります。ビッグ・データとは、従来の手法で処理するには大きすぎる、速すぎる、複雑すぎるといったデータを指します。

ビッグ・データの 3 つの「V」

ビッグ・データの概念は従来から存在していましたが、2001 年に業界アナリストの Doug Laney 氏によって、ビッグ・データにおける 3 つの「V」が新たに定義されました。

  • Volume(データの量): 処理する必要のあるデータの量(通常は大量であり、ギガバイト~エクサバイト、またはそれ以上)
  • Variety(データの多様性): 構造化データ、非構造化データ、様々なソースからのストリーミング・データなど、幅広い種類のデータ
  • Velocity(データの速さ): 新しいデータがシステムにストリーミングされる速度

データの専門家の中には、この 3 つ以外にもさらなる「V」があると主張する人もいます。例えば、次のようなものです。

  • Veracity(データの正しさ): 正確性、精度、信頼性の面でのデータの品質
  • Value(データの価値): データが提供する価値、ビジネスにどのようなメリットがあるのか 

 「V」は 42 個まで定義されていますが、上記の 5 つはビッグ・データを定義するために最も一般的に使用されるものです。

ビッグ・データをオールフラッシュ・アレイでホスティングするメリット

ビッグ・データ用にオールフラッシュ・ストレージを使用するメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 高速化(HDD の 55~180 IOPS に対し、SSD は 3K~40K IOPS を実現)
  • I/O 用に 64K 以上のキューを持つ大規模な並列処理
  • NVMe による高性能、高信頼性

FlashBlade のテスト・ドライブ

Pure1®のセルフサービス・インスタンスによるFlashBlade™の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

ビッグ・データにピュア・ストレージが選ばれる理由

ビッグ・データの相対的な量、種類、速度は絶えず変化しています。データを大きく高速に保つためには、常に最新のストレージ技術に投資しているかを確認する必要があります。フラッシュ・メモリの進歩により、あらゆるデータ層に対応したカスタムのオールフラッシュ・ストレージ・ソリューションを提供できるようになりました。ピュア・ストレージは、次のような特長によって、お客様の ビッグ・データ分析 パイプライン を強化します。

  • オールフラッシュ・アレイがもたらす全てのメリット 
  • 様々なソースからの高スループットなデータ・ストリーミングに対応できる高性能データ・ハブへの統合
  • Evergreen™ による、ダウンタイムやデータ移行なしの無停止アップグレード
  • クラウドの経済性とオンプレミスの制御性・効率性を合わせた、ハイブリッドでシンプルなデータ管理システム
  •  FlashBlade® による、俊敏で効率的な スケールアウト・フラッシュ・ストレージ 
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387