Skip to Content

データ・レイク vs データ・ハブ

データ・レイク vs データ・ハブ

データ・レイクとデータ・ハブには、根本的な違いがあります。データ・レイクは、DAS に代表される従来型のストレージ技術をベースに、できる限り効率よくデータを格納できるように設計されています。データ・レイクには、データ・サイロの発生により、分析に必要な複数のデータを1つに統合できないという問題がありました。

 データ・ハブ は、ストレージのための近代的なデータ・セントリック・アーキテクチャです。データの活用が極めて重要な意味をもつ今日、データ・ハブは分離されたデータの統合と共有を可能とし、企業における 分析やAIを強化 します。データの格納を主目的として設計されたデータ・レイクや従来のDASアーキテクチャとは異なり、データ・ハブは、リアルタイムに、多次元的にデータを共有・提供することを目的として設計されています。

データ・レイクが淘汰される理由

データ・レイクは、全ての非構造化データを格納しておくという前提のもとに構築されていました。いまやその前提は時代遅れとなり、データ・レイクは消えつつあります。非構造化データの中には、データ・ウェアハウスに格納されているものもあれば、データ・レイクの中で失われたものもあります。データは統合されず、データの速度は遅いままでした。従来のストレージ・システムでは単一プラットフォーム上にデータを統合することが困難な理由は何でしょうか。問題は、各アプリケーションのデータ要件が異なり、データ・サイロが拡散してしまうことです。ストレージを見直す時が来ています。

データは近代的なビジネスを推進するための燃料です。しかし、現状では、未だにデータはサイロに格納されており、分析やAIアプリケーションへの迅速なデータ供給を阻んでいます。いまの時代に必要なのは、データを格納するだけでなく、共有・提供するために設計されたアーキテクチャです。

ピュア・ストレージがデータ・ハブに選ばれる理由

ピュア・ストレージは、ポスト・データ・レイク時代のデータ・ストレージを再定義します。 FlashBlade®は、業界初の真のデータ・ハブとして、単一の統合プラットフォームを提供するとう原則を具現化し、高スループットのファイル/オブジェクト・ストレージ、ネイティブ・スケールアウト・パフォーマンス、データのニーズに合わせて拡張できる大規模並列アーキテクチャを提供します。

FlashBlade のテストドライブ

Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

テストドライブを申し込む
ご相談・お問い合わせ
ご質問・ご相談

ピュア・ストレージ製品および認定についてのご質問・ご相談を承っております。ご連絡をお待ちしております。

デモのご用命

ライブデモのご用命を承っております。ピュアがいかにしてデータを成果に変えるお手伝いができるかをご説明します。 

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

〒100-0014 東京都千代田区永田町 2 丁目 10-3 東急キャピトルタワー 12 階

 

一般: info-japan@purestorage.com

メディア: pr-japan@purestorage.com

03-4563-7443(総合案内)

閉じる
このブラウザは現在サポートされていません。

古いブラウザには、セキュリティ・リスクが存在する場合があります。ピュア・ストレージの Web サイトをより快適にご利用いただけるよう、最新のブラウザにアップデートしてください。