データレイク vs データハブ

データレイク vs データハブ

データレイク vs データハブ

データレイクとデータハブには、根本的な違いがあります。データレイクは、DAS に代表される従来型のストレージ技術をベースに、できる限り効率よくデータを格納できるように設計されています。データレイクでは、データサイロの発生により、分析に必要な複数のデータを1つに統合できないという問題がありました。

データハブは、近代的なストレージのデータ・セントリック・アーキテクチャです。データの活用が極めて重要な意味をもつ今日、データハブは分離されたデータの統合と共有を可能とし、分析やAIの強化に最適なソリューションとなります。データの格納を主目的として設計されたデータレイクや従来のDASアーキテクチャとは異なり、データハブは、リアルタイムに、多次元的にデータを共有・提供することを目的に、設計されています。

データレイクが消え去る理由

データレイクは、全ての非構造化データを格納しておくという前提のもとに構築されていました。いまやその前提は時代遅れとなり、データレイクは消えつつあります。非構造化データの中には、データ・ウェアハウスに格納されたものもあれば、データレイクの中で失われたデータもあります。データは統合されず、データの速度は遅いままでした。従来型ストレージ・システムでは単一プラットフォーム上にデータを統合することが困難な理由は何でしょうか。問題は、各アプリケーションのデータ要件が異なり、データサイロが拡散してしまうことです。ストレージを見直す時が来ています。

データは近代的エンタープライズにとっての燃料です。しかし、現状では、未だにデータはサイロに格納されており、分析やAIアプリケーションへの迅速なデータ供給を阻んでいます。いまの時代に必要なのは、データを格納するだけでなく、共有・提供するために設計されたアーキテクチャです。

データハブにピュア・ストレージが選ばれる理由

FlashBlade ® は、業界初の真のデータハブです。単一の統合プラットフォームを提供するとう原則を具現化し、ハイスループットのファイルおよびオブジェクト・ストレージ、ネイティブのスケールアウト性能とデータのニーズに合わせて拡張できる大規模並列アーキテクチャを提供します。

FlashBlade のテスト・ドライブ

Pure1®のセルフサービス・インスタンスによるFlashBlade™の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387