ピュア・ストレージ

ピュア・ストレージ

ピュア・ストレージとは

Pure Storage®(ピュア・ストレージ)は、エンタープライズ・グレードのオールフラッシュ型ブロック、ファイル、オブジェクト・ストレージの主要ベンダーです。ピュア・ストレージは、オンプレミスとクラウド双方に必要なデータ・ストレージ管理をシンプル、シームレス、サステナブルに統合して提供することで、モダン・データ・エクスペリエンス(Modern Data Experience™)を実現します。

ピュア・ストレージの創設者

2009年にOs76 Inc.というコードネームで創設されたピュア・ストレージの沿革は、サッター・ヒル・ベンチャーズ(Sutter Hill Ventures)のオフィスから始まります。ストレージ領域のベテランであるジョン・「コズ」・コルグローブ(John "Coz" Colgrove)と、Yahoo!社の元CTOであるジョン・ヘイズ(John Hayes)が意気投合し、エンタープライズ向けデータ・ストレージを変革を目指しました。

当初は高価であったソリッドステート・ドライブ(SSD)の価格が、MLCフラッシュの技術進歩によって、ノート型やデスクトップ型PCのハードディスク・ドライブ(HDD)に代わる有力な選択肢としての需要が高まるほどに低下しました。家電製品向けコモディティとしてのフラッシュの遍在は、テクノロジーを次の段階、すなわちエンタープライズ向けオールフラッシュ・ストレージ・アレイに進める準備ができていることを意味しました。

ピュア・ストレージの創設者たちはエンタープライズ向けストレージ・ソリューションの開発を行ううえで、次の事柄を目指しました。

  • IOPS(1秒あたりに処理できるI/Oアクセス数)とディスクベースのストレージの比較とは桁違いな機能を含む、フラッシュ・ストレージの性能を無駄なく活かすこと
  • エンタープライズ向けストレージ・アプリケーションの運用時のギガバイト単位のストレージ価格に競争力があること
  • データの冗長性、耐障害性、セキュリティをビルトイン
  • デプロイ、保守、アップグレードが容易に、無停止で実施できる、シンプルで柔軟性の高いストレージ管理システムを提供すること

さらに、フラッシュ・ストレージの進歩を阻む最大のハードルである耐久性にも対応する必要がありました。2009年当時のフラッシュ・ドライブは、10,000回のリード/ライトサイクルにしか対応できませんでした。エンタープライズ・データ・センターにおけるワークロードを処理するためのメモリとしては不十分です。

この問題はSSD専用のブロック・ストレージ・アレイのソフトウェアを設計することで解決に至ります。次のような2層構成の柔軟なソフトウェア・アーキテクチャから始めたのです。

  • 下の層は、性能、信頼性、長寿命性を目的として、フィジカル・ストレージ・メディアを最適化します。 
  • 上の層は、仮想化、ホストとの対話、データ削減、内部I/Oのスケジューリング、RAID保護、総合的なアレイ管理など、ストレージ管理におけるシステムレベルのタスクを処理します。 

コズ、ヘイズと、ピュア・ストレージの仲間達は、このビジョンの展開に成功しました。2010年1月、Os76 はステルスモードを終了し、ピュア・ストレージに社名変更しました。2011年8月には、ピュア・ストレージ初の製品版オールフラッシュ型ブロック・ストレージ・アレイ、FA-300シリーズをローンチしました。現在、ピュア・ストレージでは、ブロック、ファイル、オブジェクトの各種ストレージに対するエンタープライズ・グレードのオールフラッシュ・ソリューションを豊富に取り揃えています。

当然ながら、テクノロジーは、ピュア・ストレージの成功の背景のほんの一部分です。ピュア・ストレージの成り立ちに関するストーリーは、eBook 『Flash Was Only the Beginning(フラッシュは始まりに過ぎず)』に詳しく記述されています。無償でダウンロードしていただけます。

FlashArray//X のテストドライブ

セルフサービス環境でピュア・ストレージ FlashArray //Xの管理を体験してください。スナップショット、レプリケーション、ActiveCluster™、VMware統合などの高度な機能をお試しいただけます。

ピュア・ストレージの業務内容とは

ピュア・ストレージは、データセンター向けにオールフラッシュ・データ・ストレージ製品やソリューションを提供しています。ピュア・ストレージの主力製品は次のとおりです。 

  • FlashArray//X:性能が最適化された、オールフラッシュのエンドツーエンドのNVMeおよびNVMe-oFストレージ・アレイです。ティア0およびティア1アプリケーションにブロック・ストレージを提供するように設計されています。
  • FlashArray//C:容量が最適化された、オールフラッシュのNVMeストレージ・アレイです。ティア2アプリケーション向けで、QLCフラッシュを利活用し、ハイブリッドのエコノミクスでフラッシュの性能を発揮します。
  • FlashBlade®:ストレージのニーズに合わせてスケールアウト可能な、統合型高速ファイル/オブジェクト(UFFO)ストレージ・ソリューションです。

また、ピュア・ストレージは他のテクノロジー・リーダーと連携を図り、最新のデータ分析パイプラインおよびAIに適したプラグアンドゴーのオールフラッシュ・ストレージやコンピューティング・ソリューションを提供しています。製品概要を以下に記載します。

  • FlashStack®:最新のコンバージド・インフラストラクチャ(CI)ソリューションです。FlashBladeとCisco社認定のテクノロジーを結びつけて、コンピューティング、ストレージおよびネットワーク・リソースを提供します。
  • AIRI®:NVIDIA GPU本来のパワーとFlashBladeの超並列かつ高スループットの性能を兼ね備えた、フルスタックのAI完全対応インフラストラクチャです。

ピュア・ストレージ製品を他社のフラッシュ・ストレージ・ソリューションと差別化するポイントとは

ピュア・ストレージが競合他社を引き離し続けるポイントは、モダン・データ・エクスペリエンス(Modern Data Experience™)の実現を追求する取り組みです。ピュア・ストレージについて説明します。 

  • シンプル:使いやすいストレージ管理システムによって、管理者とエンジニアの区別なく、組織全体のストレージ・リソースの管理やプロビジョニングを楽しくします。
  • シームレス:単一のデータ・リソースによって、サイロ化したストレージ・アレイ、データ・ウェアハウス、マルチクラウド環境の集約化を目指します。
  • サステナブル:ストレージ・ソリューションは自社組織でスケーリングおよび拡張でき、短いダウンタイムでアップグレード可能です。 

モダン・データ・エクスペリエンスを実現するこの取り組みによって、以下に挙げるような、技術的に差別化を図る重要な要因がいくつか生じました。 

  • フラッシュ・ストレージをコントローラから切り離すEvergreen™ストレージ・アーキテクチャで、データ移行やダウンタイムを必要とせず、まさに無停止アップグレードが可能
  • Pure1 Meta®で問題を未然に把握し、解決策を推奨するAI駆動型分析
  • FlashBladeで最新のアプリケーション、分析パイプライン、AIを強化できるUFFOストレージ
  • Purityでマルチクラウドとオンプレミス・ストレージ・リソースを単一のインターフェースに正しく統合
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387