FlashBlade™の概要

FlashBladeの主要コンポーネント― ブレード、Purity、ファブリック―の詳細はデータシートをご参照ください。

設計の4つの原則

真のスケールアウト

データ量増大に対応するパフォーマンスを提供します。容量は数万ペタバイト、ファイル/オブジェクト数は数百億まで拡張可能なように設計されています。あらゆるレベルで柔軟性に優れたスケールアウト型の設計により、規模を問わず簡単に管理することができます。拡張は、ブレードを追加するだけです。

手間のかからない管理

FlashBladeにはGUIとCLIが標準搭載されており、Pure1によるクラウドベースの管理・サポート機能も利用できます。規模に関わらず、FlashBladeは管理者が1人ですみます。

エンタープライズクラスの信頼性

FlashBladeはN+2冗長設計を採用しており、ブレード2台の全面障害を許容できます。フラッシュチップの障害ではより多くの数を許容できます。データサービスが中断されることはありません。最新のLDPCエラーリカバリは、フラッシュのビットエラーに対する保護を提供します。また、データはすべて常に暗号化されます。ブレードに障害が発生すると、パフォーマンスがN分の1低下しますが、システムは自動的に再構築され、障害から復旧します。

ソフトウェア定義の組み込みファブリック

ネットワーク周りはインテリジェンスを組み込んだこだわりの設計となっています。FlashBladeは、オブジェクトのメッセージング、分散トランザクション、高パフォーマンス320 Gbpsのファブリックにより、各ブレードで実行するPurityインスタンス間の通信の高速性と信頼性を高めています。

ブレードの追加でパワーアップ

シンプルな拡張ユニットにより、DirectFlash™ の容量(8 TB、17 TB、または 52 TB)、プロトコルの処理能力、メタデータ、コンピュートコアを追加することができます。

エンタープライズクラスのXeon CPU

高パフォーマンス設計により、最大8つのCPUコア+ネットワークを実現

プログラム可能なプロセッサ

組み込みのARMコア搭載FPGAを利用し、フラッシュを効率的に管理

PCIe接続

フラッシュからプロセッサへの最速の接続

DRAM:電源喪失時に書き込み保護を提供

ブレードごとに書き込みの帯域幅が拡大


FlashBladeのためのPurity

グローバルフラッシュ管理のためのDirectFlash技術により、すべてのレイヤでスケールアウトストレージのサービスをさらに充実させています。

コアサービス
(Core Services)

コアサービス(Core Services)は、システムのアーキテクチャの基礎として、広範に分散したトランザクションデータベースにより強化されたスケールアウトメタデータ設計を提供します。可変ブロックメタデータエンジンは、データタイプやサイズに関わらず優れたパフォーマンスを実現します。また、DirectFlashのスケールアウトファブリックは、超低遅延、高帯域幅のパフォーマンスを実現します。

データサービス
(Data Services)

Purity データサービス(Data Services)は、システムの全階層における可変ブロックメタデータに基づいています。常時有効な圧縮、シンプロビジョニング、暗号化、迅速なデータロッキング、HA、NDUが標準搭載されています。Purity は、DirectFlashを介したグローバルなフラッシュの管理を提供します。Purity//FBの新機能であるスナップショットは、企業やソフトウェア開発における導入に対し最高レベルのデータ保護を提供します。

プロトコル

Purity//FBは非構造化データ用に構築されており、NFS、SMB、S3/Object、HTTPなど、主要なプロトコルをFlashBlade上でネイティブにサポートします。各プロトコルは、スケールアウト展開を目的として実装されています。コアサービスの分散トランザクションデータベース上に構築されており、規模を問わず優れたパフォーマンスを実現します。コアサービスのモジュール式設計により、将来のプロトコルに対応するための拡張が可能となっています。

スケールアウトファブリック

組み込みのソフトウェア定義のファブリックにより、数百のブレード、数千のクライアントの規模にまで拡張できます。

320 Gb/sの
高パフォーマンス

クライアントからブレードに至るまで、320 Gb/sイーサネットネットワークを採用することにより、高速と低コストの両立を実現しつつ、管理不要な接続を提供します。

低遅延の
独自プロトコル

オブジェクトのメッセージング、分散トランサクションが、各ブレードで実行するPurityインスタンス間の通信の高速性と信頼性を高めます。

ソフトウェア定義の
ファブリック

クライアント、管理、メタデータ、データの移動を個別の仮想ネットワークに分離し、それぞれにSLAを定義します。

注目の技術パートナー

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。