ハイブリッドクラウドとは

ハイブリッドクラウドは、オンプレミスとパブリッククラウドリソースの両方を使用するクラウドコンピューティング環境であり、統合された管理およびオーケストレーションツールを使用して、柔軟なデータとアプリケーションのモビリティと、俊敏なクラウド間の運用を実現します。

ハイブリッドクラウドがもたらす
ビジネス上のメリット

ハイブリッドクラウドは組織の運用および財務にメリットをもたらします。ワークロード需要、データセンターや予算要件に応じて、CAPEXおよびOPEXインフラストラクチャの利用を柔軟に調整できます。たとえば、DevOpsAIイニシアチブのためにはクラウドリソースを使用し、ミッションクリティカルなアプリケーションはオンプレミスのままといった利用方法も可能です。データ保護オプションとデータのさらなる活用は、真のハイブリッドクラウド環境の利用で大きく拡大します。

ビジネスアプリケーションに関しても、ハイブリッドクラウドモデルへの移行が急速に進行しています。大企業やクラウドに特化した企業は、オンプレミスとパブリッククラウドのそれぞれの特徴を利用したハイブリッドアプリケーションを活用しています。このモデルでは、プライベートクラウドの信頼性、効率性、セキュリティ、およびパブリッククラウドの敏捷性、シンプルさ、オンデマンドでのリソース調整などを実現できます。したがって、双方のメリットを最大限に享受できます。

ハイブリッドクラウドを
強力サポート

多くの企業がクラウドの分割を検討しており、ハイブリッドクラウドを実現したいと考えています。実際のところ、エンタープライズアプリケーションは主にオンプレミスで実行されており、それらをクラウドへ移行するのは困難です。同様に、Webスケールアプリケーションは主にクラウドに組み込まれており、オンサイトへの移行は困難です。このことは、開発作業においても影響を受けます。オンプレミスとクラウドのストレージは異なる機能とAPIを備えているため、双方でシームレスに動作するアプリケーションの開発はほとんど不可能です。

しかし、状況は急速に変化しています。最新のハイブリッドクラウドは、安定したデータサービス、耐障害性、API、双方向データモビリティを提供し、プライベートクラウドとパブリッククラウド間の真のハイブリッドアプリケーションの利用を可能とし、また、多数の新しいデータ保護機能を実現します。共通のストレージ層によって優れた俊敏性を提供し、アプリケーション開発のスピードを加速します。アプリケーションは特定のインフラストラクチャに依存することがなくなります。

業界をリードするピュア・ストレージのクラウドデータインフラストラクチャは、パブリッククラウドにネイティブに配信されるオンプレミスおよびクラウドデータサービスを提供します。

注目の最新情報

ピュア・ストレージのクラウドデータサービス

フラッシュからクラウドへ

Cloud Block Store for AWS

+

お問い合わせ

ピュア・ストレージがお客様の成功を支えます。

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。