ストレージクラスメモリ(SCM)とは

ストレージクラスメモリ:パフォーマンスと信頼性のブレークスルー

ストレージクラスメモリ(SCM)とは

ストレージクラスメモリ(SCM)は、パフォーマンス、耐久性、コストにおいて、DRAMとNAND型フラッシュの間に位置づけられる新しいメモリ/ストレージ層です。

DRAMとは異なり、SCMは本質的に永続的であり、電源が切られても書き込まれたデータは保持されます。

また、NAND型フラッシュと比べ、SCMは読み取り操作と書き込み操作の両方において圧倒的に高速です。さらに、SCMはデータの書き換えに対する耐性に優れ、NANDよりもはるかに高い耐久性を備えます。このようなNAND型フラッシュを超えるメリットを低コストで実現することが可能で、GBあたりのコストはDRAMよりもはるかに低くなります。

その結果SCMは、今日の一般的なメモリ階層において、DRAMとNANDの間に存在する性能差や信頼性のギャップを埋める役割を果たします。

SCMは、バイト単位(DRAMなど)またはブロックレベル(NANDフラッシュなど)のどちらでもアドレス指定できます。当初、SCMは、高性能のストレージキャッシュとして利用されるか、ブロックデバイスとしてSCMがアクセスできる高速ストレージメディアの代替フラッシュとなることが期待されていました。OLTP、OLAP、インメモリデータベースは主要なワークロードであり、SCM技術によって可能になった低遅延、スループットやCPUオフロードの増加といったメリットも得られます。

最終的に、次世代のアプリケーションやOSエコシステムは、そのバイトアドレス指定機能の利点を活かし、システム/ホストメモリとして扱うことが予想されます。DRAMとの決定的な違いは、電源が切られてもデータが消えない不揮発性メモリであることです。DRAMのパフォーマンスとNAND型フラッシュの永続的なデータ保持機能を組み合わせたようなSCMは、両方の長所を次世代のアプリケーションにもたらし、まったく新しいレベルでのアプリケーションの利用方法を加速させる可能性があります。

SCMのユースケース

SCMは、FlashArray//Xで実行されるほぼ全てのワークロードにメリットをもたらします。DRAMに匹敵する速度に加え、高い耐久性と停電時のデータ持続性という利点があることは、遅延に敏感なアプリケーションに対処するための最良の選択肢と言えます。これらのワークロードの例としては、金融取引アプリケーション、分析、直接接続ストレージを活用するアプリケーション、データベースなどがあります。


注目の最新情報

データシート

Pure Storage DirectMemory Cache

ホワイトペーパー

Deploy Storage Class Memory

FlashArray//X

+