エンタープライズ・イメージングのためのデータ・ストレージ

エンタープライズ・イメージングのためのデータ・ストレージ

テクノロジーの進歩は、プロフェッショナルな世界のあらゆる側面に変革をもたらしています。医療業界にとって最もインパクトのある変化の一つは、エンタープライズ・イメージングの登場です。

エンタープライズ・イメージング・プラットフォームは、医療従事者や介護従事者が直面している要求の増大に対応するために役立っています。これにより、複雑な技術的プロセスをこなしながら、よりパーソナライズされた価値に基づく医療を提供する能力が向上しました。

エンタープライズ・イメージング・プラットフォームは多くの改善をもたらしましたが、インフラストラクチャへの要求を維持することに苦労している医療機関にとっては、いくつかの課題が生まれました。強力なエンタープライズ・イメージング戦略の重要な要素の一つは、日々生み出される大量のデータを効率的に処理することです。

では、エンタープライズ・イメージングとはどういったものでしょうか ? 医療機関にとってどのような課題があるのでしょうか ? そして、なぜフラッシュ・ストレージがそれらを克服するために重要なのでしょうか ? ここでは、このような疑問に答えながら、エンタープライズ・イメージングのためのデータ・ストレージについて説明します。

FlashBlade のテストドライブ

Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

テストドライブを申し込む

エンタープライズ・イメージングとは

エンタープライズ・イメージングとは、医療・ヘルスケア企業全体に実装される一連のワークフロー、イニシアチブ、戦略を指します。エンタープライズ・イメージングは、さまざまなソースからの患者データの取得、管理、保存、配信、分析を容易にし、患者の電子健康記録(EHR)に利用される詳細な情報を提供します。これにより、リアルタイムでの画像解析が可能となり、臨床意思決定が加速され、最終的には、患者により良い医療を提供できるようになります。

エンタープライズ・イメージングの進化

エンタープライズ・イメージングは、1979 年に誕生した医療用画像管理システムである PACS(Picture Archiving and Communication System)から始まります。PACS は、医療従事者が X 線や臨床報告書などの画像をデジタルで保存・転送できるようにしたもので、医療業界における大きなブレークスルーとなりました。PACS の導入により、画像を手動で転送する必要がなくなりました。

PACS は革新的でしたが使い勝手が悪く、既存のシステムとの統合も困難でした。例えば、病院内の各部門が PACS を導入したとしても、院内の部門間や院外の組織とデータを転送する際の標準的な方法が存在しませんでした。また、PACS はかなり高価でした。

医療業界が 1990 年代のデジタル革命に突入したとき、デジタル・イメージングのためのより普遍的なソリューションが必要であることがすぐに明らかになりました。そこで登場したのが、DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)です。

DICOM は、デジタル医用画像やその他の医療データを保存、交換、通信するための国際標準規格である。ファイル形式、転送プロトコル、画像処理のワークフローが標準化されたことで、医療業界の部門や組織を超えたコラボレーションが促進されました。また、その後 10 年間のエンタープライズ・イメージングの革新にも大きく貢献しました。

やがて、ベンダー・ニュートラル・アーカイブ(VNA)やクラウドベースのデータ・アーカイブが登場しました。これにより、医療機関の IT スタッフが、放射線技師や他の各部門に代わってデータを管理できるようになりました。

また、VNA は、医療情報システムが相互に通信できるようにするという相互運用性の問題にも対応しています。しかし、相互運用性は依然として多くの病院を悩ませており、効率的かつ効果的に医療を提供することの妨げとなっています。

エンタープライズ・イメージングの現状は、PACS、VNA、クラウドベースのデータ・アーカイブが混在している状態です。

ビッグデータがもたらすエンタープライズ・イメージング・インフラへの大きな挑戦

エンタープライズ・イメージングは長年にわたって少しずつ改善されてきましたが、多くの医療従事者にとって、大容量ファイルを適切に評価、表示、共有することは依然として困難なことです。この問題は、ファイルのサイズが大きくなればなるほど悪化します。

エンタープライズ・イメージング戦略を機能させるためには、どのくらいのストレージ容量が必要なのかを見極める必要があります。ミネソタ州の大規模なヘルスケア・システムである Mayo Clinic を例に挙げてみると、同クリニックでは、1 日当たり 50 テラバイト以上の放射線データを扱っています。また、VNA では、過去数年間で 90 テラバイト以上の放射線以外のデータを受信しています。

デジタル病理学の分野が成長を続け、ますます大規模なデータセットが生成されるようになると、医療機関は、データを有効に活用するために、データの保存や可視化、やり取りをするためのより効率的な方法を見つける必要に迫られることになります。

これらは、医療機関が直面している多くのプレッシャーの一つです。オンプレミスのハードディスク・テクノロジーでは、もはや増大し続けるビッグデータの需要を満たすことはできません。エンタープライズ・イメージングに対応可能なストレージ・ソリューションへのアップグレードが必要です。

圧倒的なデータ量にも対応可能なフラッシュ・ストレージ フラッシュストレージ

スピニング・ディスクからフラッシュ・ドライブに切り替えることで、性能、並列性、スピードを大幅に向上させることができます。オールフラッシュのストレージ・アレイは、超低遅延の接続により、ストレージ環境全体のデータ・モビリティを向上させます。これは、エンタープライズ・イメージングのインフォマティクス・アプリケーションにとって重要です。

高解像度の画像の読み込みが高速になることで、研究者や放射線技師などの医療関係者は、価値に基づく医療を提供するために必要な実用的な洞察をより早く得ることができます。

ピュア・ストレージがエンタープライズ・イメージングにもたらすモダン・データ・エクスペリエンス

信頼性の高いストレージ・アーキテクチャを持つことは、データ保持ガイドラインの遵守、障害発生時の重要なデータの復旧、ワークフローの強化のために不可欠です。エンタープライズ・イメージング・ソリューションのためのストレージは、信頼性の高いパフォーマンスを提供するだけでなく、可用性を損なうことなく、俊敏性、柔軟性、定期的なアップデートを提供する必要があります。

ピュア・ストレージは、医療・ヘルスケア機関にこれら以上のさらなるメリットを提供します。オールフラッシュのエンタープライズ・イメージング・ストレージ・ソリューションは、テラバイトからペタバイト規模へと成長するデジタル医療データに必要とされる、数万単位の同時要求を処理することができます。

また、あらゆるデバイスでの 3D レンダリングを可能にし、業界でも類を見ないレベルのパフォーマンスを実現しています。医師や患者を問わず、必要に応じて画像にアクセスすることができ、よりパーソナルな医療・ヘルスケア・エクスペリエンスを提供することができます。

800-379-7873 +44 2039741869 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 1 83 76 42 54 +49 89 12089253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 202457440 +46850541356 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 43 505 28 17 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387 +48 22 343 36 49
このブラウザは現在サポートされていません。

古いブラウザには、セキュリティ・リスクが存在する場合があります。ピュア・ストレージの Web サイトをより快適にご利用いただけるよう、最新のブラウザにアップデートしてください。