IT 運用分析(ITOA)とは

IT 運用分析(ITOA)とは

IT 運用分析(ITOA)とは

IT運用分析(ITOA: IT Operations Analytics)とは、ビジネスを支えるオンプレミスとクラウドの両方のITインフラストラクチャを監視・分析することで、トラブルシューティングを行い、ダウンタイムの発生を事前に回避する手法です。

IT運用分析は、一般的に以下の4つのカテゴリに分類されます。

  • 記述的分析:時間の経過とともに何が起きたのかを特徴づけるために使用される(例:エンタープライズ・サービスによって利用される容量の経時的な監視)
  • 診断的分析:問題が引き起こされた原因や、発生している理由を特定するために使用される(例:イベント・ログ・ファイルを使用してクラッシュの根本的な原因を特定)
  • 予測型分析:将来のイベントを予測するために使用される(例:データ・ストレージのニーズのボトルネックの予測)
  • 処方的分析:予測されたシナリオに基づいてアクションを規定するために使用される(例:ストレージのボトルネックを予測し、追加容量を購入するかどうかを提示)

IT運用分析のパイプラインは、DevOpsの実装に必要なインテリジェンスを提供します。

FlashBlade のテスト・ドライブ

Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

IT 運用分析のメリット

IT運用分析の一般的なメリットには次のものがあります。

  • ITインフラストラクチャの健全性の定期的な監視
  • 遅延、サービスの中断、停止を予測し、回避する機能
  • 需給変動を可視化することで容量の使用率を改善
  • リアルタイムのロードマップによりIT運用の微調整と改善が可能

ピュア・ストレージによる近代的な IT 運用分析

ピュア・ストレージの FlashBlade®  は、 IT運用分析のためのモダン・データ・エクスペリエンス(Modern Data Experience™)を提供するために設計されています。

ピュア・ストレージは、IT運用分析に次のようなメリットをもたらします。

  • オールNVMeストレージの高速性、並列性、信頼性
  • クラウドのような経済性と俊敏性を備えたオンプレミスの制御性と効率性
  • ダウンタイムやデータ移行が不要で無停止アップグレードが可能なEvergreen™アーキテクチャ
  • FlashBladeによる、俊敏で効率的なスケールアウト・フラッシュ・ストレージ
  •  Pure1 Meta®の予測型インテリジェンスによる、長期的な容量と性能ニーズの予測

FlashBladeは、NVMeストレージの性能と大規模並列アーキテクチャをAIと組み合わせることで、ダウンタイムや障害を事前に予測し、回避策を提示します。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387