Skip to Content

IT 運用分析(ITOA)とは

IT 運用分析(ITOA)とは

IT運用分析(ITOA: IT Operations Analytics)とは、ビジネスを支えるオンプレミスとクラウドの両方のITインフラストラクチャを監視・分析することで、トラブルシューティングを行い、ダウンタイムの発生を事前に回避する手法です。

IT運用分析は、一般的に以下の4つのカテゴリに分類されます。

  • 記述的分析:時間の経過とともに何が起きたのかを特徴づけるために使用される(例:エンタープライズ・サービスによって利用される容量の経時的な監視)
  • 診断的分析:問題が引き起こされた原因や、発生している理由を特定するために使用される(例:イベント・ログ・ファイルを使用してクラッシュの根本的な原因を特定)
  • 予測型分析:将来のイベントを予測するために使用される(例:データ・ストレージのニーズのボトルネックの予測)
  • 処方的分析:予測されたシナリオに基づいてアクションを規定するために使用される(例:ストレージのボトルネックを予測し、追加容量を購入するかどうかを提示)

IT運用分析のパイプラインは、DevOpsの実装に必要なインテリジェンスを提供します。

FlashBlade のテストドライブ

Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

テストドライブを申し込む

IT 運用分析のメリット

IT運用分析の一般的なメリットには次のものがあります。

  • ITインフラストラクチャの健全性の定期的な監視
  • 遅延、サービスの中断、停止を予測し、回避する機能
  • 需給変動を可視化することで容量の使用率を改善
  • リアルタイムのロードマップによりIT運用の微調整と改善が可能

ピュア・ストレージによる近代的な IT 運用分析

ピュア・ストレージの FlashBlade®  は、 IT運用分析のためのモダン・データ・エクスペリエンス(Modern Data Experience™)を提供するために設計されています。

ピュア・ストレージは、IT運用分析に次のようなメリットをもたらします。

  • オールNVMeストレージの高速性、並列性、信頼性
  • クラウドのような経済性と俊敏性を備えたオンプレミスの制御性と効率性
  • ダウンタイムやデータ移行が不要で無停止アップグレードが可能なEvergreen™アーキテクチャ
  • FlashBladeによる、俊敏で効率的なスケールアウト・フラッシュ・ストレージ
  •  Pure1 Meta®の予測型インテリジェンスによる、長期的な容量と性能ニーズの予測

FlashBladeは、NVMeストレージの性能と大規模並列アーキテクチャをAIと組み合わせることで、ダウンタイムや障害を事前に予測し、回避策を提示します。

ご相談・お問い合わせ
ご質問・ご相談

ピュア・ストレージ製品および認定についてのご質問・ご相談を承っております。ご連絡をお待ちしております。

デモのご用命

ライブデモのご用命を承っております。ピュアがいかにしてデータを成果に変えるお手伝いができるかをご説明します。 

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

〒100-0014 東京都千代田区永田町 2 丁目 10-3 東急キャピトルタワー 12 階

 

一般: info-japan@purestorage.com

メディア: pr-japan@purestorage.com

03-4563-7443(総合案内)

閉じる
このブラウザは現在サポートされていません。

古いブラウザには、セキュリティ・リスクが存在する場合があります。ピュア・ストレージの Web サイトをより快適にご利用いただけるよう、最新のブラウザにアップデートしてください。