プロアクティブなデータ保護

お客様の業務を中断することなくデータを保護します。Purityは、比類のないデータ保護機能事業継続性を提供します。

事業継続性とディザスタ・リカバリ

お客様のデータを安全に保ちます。Purityのアジャイル・データ・サービスは、事業継続性とディザスタ・リカバリのユース・ケース全般をカバーします。エンドツーエンドの保護ポリシーによって自動化されている、スペース効率のよいローカルおよびリモートスナップショットを提供し、柔軟なデータ保護による安心な運用が可能です。また、Purity ActiveCluster™ は、マルチサイトでの同期レプリケーションを提供し、事業継続性を確保します。

ActiveDR™ ― 離れた拠点間での耐障害性を実現

Purity 6.0で新たに追加されたActiveDRの継続的なレプリケーション機能により、事業の耐障害性をさらに向上します。Purity ActiveDR は、RPOとRTOを最小限に抑えながら、地理的距離の制限なく、離れた拠点間でアプリケーション・データをシームレスに保護することができます。ActiveDRは、単一コマンドのフェイルオーバー、インテリジェントなフェイルバック、無停止のディザスタリカバリ・テストにより、障害発生時の対応力を高めます。レプリケーションを止めずにディザスタ・リカバリとテストを簡素化することで、より頻繁にテストを行うことができ、事業の耐障害性をさらに高めることができます。

ActiveClusterと同様に、ActiveDRは、ポッドと呼ばれるストレージ・コンテナを利用し、ストレージ管理のオーバーヘッドを削減します。ポッドベースのActiveDRレプリケーションでは、2つのポッドをリンクすることで、新しいボリュームの追加、ボリューム・サイズの追加、スナップショットの作成、ボリュームのQoS制限の適用といった構成の変更を全てレプリケーション・ターゲットで自動的に行うことができます。追加のインフラ、ライセンス、費用は不要で、セットアップも数分で完了します。

ActiveCluster™で事業継続性を確実に

Purityには、事業継続性確保のための機能がネイティブに組み込まれています。ハードウェアを追加することなく、ラック、データ・センター、メトロエリア間における一段階上の可用性を、手軽に、手頃な価格で実現できます。ActiveCluster は、同期レプリケーションおよび完全に対称なアクティブ/アクティブな設計により、ホストのマルチパスおよびクラスタ・ソフトウェアと自動的に統合します。ユーザーの介入なしに自動的にフェイルオーバーすることで、ゼロRPO/RTOを実現します。Pure1® Cloud Mediatorサービスを利用できるため、メディエーションのための第3のサイトが不要になり、任意の場所にオンプレミスでメディエータを配備することもできます。

ActiveDRと同様に、ActiveClusterは、ポッドと呼ばれるストレージ・コンテナを利用し、ストレージ管理のオーバーヘッドを削減します。ポッドベースのActiveClusterレプリケーションでは、同じポッドが両方のアレイに同時に存在します。新しいボリュームの追加、ボリューム・サイズの追加、スナップショットの作成、ボリュームのQoS制限の適用といった構成の変更は、両方のアレイで同時に行われます。追加のハードウェアやソフトウェア、ライセンスは不要です。設定に要する時間はわずか数分。安心のストレージを提供します。

VMware Site Recovery Manager(SRM)でディザスタ・リカバリを自動化

VMwareインフラストラクチャに障害が発生した場合は、問題解決のために速やかな対応が求められます。ActiveDRの継続的なレプリケーションとほぼゼロのRPOに加え、PurityとVMware SRM を統合することで、自動化ソフトウェアによるサイト全体のアプリケーションのリカバリとモビリティのオーケストレーションが可能になります。自動化されたオーケストレーション・ワークフローは、フェイルオーバー、移行、フェイルバックに適用できます。仮想環境の管理者は、VMware SRMを使用することで、数千のVMのリカバリ計画を一元化してディザスタ・リカバリを効率化でき、無停止でリカバリ・テストを実行できます。

クラウド・バックアップを快適に

管理の複雑さを解消しつつクラウドをより活用することができます。ピュア・ストレージのCloud Block Store™は、RTO/RPO、コンプライアンス強化、およびボリューム・レベル・リストアの長期的なバックアップのための迅速なリストアにより、クラウドのデータを保護します。また、Purity CloudSnapには、手間いらずのクラウドベースのデータ保護が組み込まれており、オフプレミスの柔軟性、長期間の保持、複数のリカバリ・シナリオ、コスト削減を実現します。

バックアップとリストアをシンプルに

バックアップのプロセスは、FlashArray™ GUIからスナップショットスケジュールを作成するのと同じくらいシンプルです。FlashBlade®、別のNFSデバイス、またはAmazon S3ターゲットを選択できます。リストアは、スナップショットを選択するだけで実行できます。FlashArrayでvSphere仮想ボリューム(vVols)を統合して、仮想マシン・レベルのバックアップとリストアを実行することもできます。

CloudSnapは、Purityストレージ・オペレーティング・システムに組み込まれており、Evergreen™ Storageサブスクリプションに含まれています。ライセンス、ソフトウェア、ハードウェアを追加する必要はありません。

究極の高可用性を実現

パフォーマンスを犠牲にすることなく、データは常にアクセス可能で保護されなければなりません。Purity は、FlashArrayにおける99.9999%の可用性維持を可能にしています。保守時、障害発生時、世代間のアップグレードも無停止です。万全の耐障害性を提供します。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387

ピュア・ストレージ導入
簡単 3 ステップ

1. ニーズご相談

データ・ストレージのニーズについて個別にご相談をお受けしております。

2. PoC 実施

お客様にご協力いただき、専門チームが PoC(概念検証)を実施します。

3. ピュアへ移行・ピュアを導入

総所有コスト(TCO)削減効果を実証し、移行・導入のお手伝いをいたします。