プライベート・クラウド

プライベート・クラウドを進化させる

プライベート・クラウドを見直すべきときが来ています。VMまたはコンテナベースのワークロードを一貫してマルチクラウドで自動化し、統合したサービスとして使用することで、オンプレミスにクラウドライクな俊敏性をもたらします。

モダン・データ・エクスペリエンス(Modern Data Experience™)をプライベート・クラウドで

プライベート・クラウドを進化させることで、マルチ・クラウドのサイロ化、複雑さを排除できます。アプリケーションを一度構築すれば場所を選ばずに実行できる環境。クラウド運用の俊敏性と、オンプレミス・ストレージの高速性、信頼性、セキュリティを併せ持つ環境を提供します。

オープンでシンプルな自動化をプライベート・クラウドに

予め構築された統合機能および自動化ツールを備えているため、お客様の DevOps 環境に最適なテクノロジー・スタックを選択できます。Ansible、PowerShell、Puppet、Python、SaltStack モジュールを利用して、「Infrastructure as Code」を展開します。

コンテナベースのプライベート・ストレージ

Pure Service Orchestrator™ は、コンテナ・ストレージをサービスとして提供します。Kubernetes などの事前統合済みのオーケストレーション・ツールを利用することで、ハイブリッド・クラウド環境でのコンテナの構築・展開が容易にできます。

ハイパースケールのメリットを備えたプライベート・クラウド

コンピューティングとストレージの分離が、柔軟性の確保とコスト削減を可能にします。独自に構築、あるいは、「ターンキー」の FlashStack™ で容易に構築するという選択肢があります。FlashStack は、プライベート・クラウドのシンプルな展開と運用、柔軟な拡張を可能にします。

プライベート・クラウドとは

プライベート・クラウドは、高速性、拡張性、コスト削減などの面で、パブリック・クラウドと共通する多くのメリットを提供します。ただし、パブリック・クラウドのように不特定多数の企業が利用するのではなく、単一の組織専用のクラウド環境です。

詳しく見る

よくある質問:

1. プライベート・クラウドとパブリック・クラウドの違い

プライベート・クラウドとパブリック・クラウドの違いはプライバシーにあります。テクノロジーや設置場所、所有権、運用責任などによる違いはありません。単一の企業専用にリソースが割り当てられていれば、リモート・サーバーでホストされ、第三者が所有・運用するクラウドも、プライベート・クラウドです。

詳しく見る

2. プライベート・クラウドのメリット

プライベート・クラウドのメリット:

  • クラウド・コンピューティングの柔軟性、スケーラビリティ、効率性に関する全てのメリット
  • 占有リソースの高可用性と信頼性
  • 強化されたセキュリティとコンプライアンス
詳しく見る

多くの称賛をいただいています

ピュア・ストレージは、あらゆる業界の先進的なお客様に選ばれています。

「ピュア・ストレージのアレイを稼働させてから仮想インフラストラクチャの移行を完了するまでに、2時間程度しかかかりませんでした。」

ネットワーク・オペレーションズ部門シニア・ディレクター
David Woolley 氏
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387