仮想化、統合、自動化

仮想化を全面サポート

仮想化、統合、自動化―すべてをサポートします。ピュア・ストレージの導入により、ITの速度、効率性、柔軟性の向上といった仮想化の利点を十分に生かすことができます。従来のインフラストラクチャのようなパフォーマンスのボトルネックはありません。


VMwareによる仮想化を
シンプルに

ピュア・ストレージは、包括的なVMwareの統合を可能にすることで、仮想インフラストラクチャの構築を容易にします。

シンプルな統合

ピュア・ストレージは、vRealize Orchestrator向けに、FlashArrayプラグインを提供しています。最小限の労力でFlashArrayのプロビジョニングや管理と密接に連携させることが可能です。 ITプロセスの自動化を始めましょう!

高速な展開

VMware vSphere (CVD)向けのFlashStackコンバージドインフラストラクチャにより、数千台の仮想マシンを数分で展開することができます。仮想化環境のために設計されており、十分なテストを行っています。サポートも充実、柔軟なカスタマイズも可能です。

オールフラッシュによるプライベートクラウド

VMware vRealize Suiteは、プライベートクラウド構築の基礎となります。ピュア・ストレージは、クラウド構築の手順を簡素化するために、包括的な一連のvRealizeの統合ポイントを提供しています。



FlashArrayはVMware仮想ボリュームをサポートしています

ピュア・ストレージは、VMware vSphere Virtual Volumes 2.0との連携をシンプルで完全なものにします。Enterprise HA機能は、VMwareと連携したアレイベースのスナップショットを提供し、効率化向上と、従来のVMベースのスナップショットに見られたパフォーマンスの限界の解決を可能にします。

ピュア・ストレージとMicrosoft Hyper-V

ピュア・ストレージにすべてのアプリケーションを統合し、Microsoft Hyper-Vで仮想化。Sharepoint、Exchange、SQL、あるいはMicrosoft以外のアプリケーション、ピュア・ストレージのソリューションも含め、System Centerからすべて管理することができます。


すべてのワークロードを高速に

低遅延であることは、仮想アプリケーションの能力を最大限に発揮するために重要です。また、ディスクストレージは、安定したパフォーマンスにおいて、フラッシュには及びません。このことが証明されました。FlashArray//Mに展開したVMware Horizon VDIMicrosoft SQLMicrosoft ExchangeOracleデータベースとデータウェアハウスのワークロードに対し、ESGがパフォーマンスと耐障害性のテストを実施しました。

ピュア・ストレージの仮想化スペシャリスト

ピュア・ストレージの仮想化スペシャリストのブログでは、仮想化、統合、自動化、プライベートクラウドなどの最新情報を取り上げています。(ブログ記事は英語です。)

ロブ "バークズ"・バーカー (Rob “Barkz” Barker)

コーディー・ホスターマン (Cody Hosterman)

カイル・グロスミラー (Kyle Grossmiller)

仮想化プラットフォームからシンプルに管理

ピュア・ストレージが実現します。FlashArrayは、VMware vRealize、Cisco UCS Director、Microsoft System Center、OpenStackの各プラットフォームから管理することができます。ピュア・ストレージが提供する包括的でシンプルなオートメーションとオーケストレーションにより、完全に仮想化されたプライベートクラウドを簡単に構築できます。

「ピュア・ストレージのアレイを稼働させ、仮想インフラストラクチャを移行させましたが、約2時間で完了しました。」
ネットワークオペレーションズ部門シニアディレクター David Woolley氏
サンフランシスコ・ジャイアンツ
「アレイの管理は簡単で、すぐにインターフェイスの統合ができました。切り替えもシームレスでした。」
ICT部門シニアマネージャー Jean-Baptiste Baraban氏
テレハウス社
「新しいVMが素早くスピンアップできます。安定性と信頼性が増して、管理も楽になりました。
インフラストラクチャマネージャー Steve Berryman氏
コロラド州教育省

ピュア・ストレージ製品を基盤とした
仮想化成功事例

仮想化の利点を最大限に活かしている成功事例をいくつかご紹介します。

SFジャイアンツ、ピュア・ストレージで大幅なコスト削減

サンフランシスコ・ジャイアンツは、複雑で時間のかかる従来型ディスクをピュア・ストレージ製品で置き換えたことで、スペースはもちろんのこと(多数のラックをシェルフ1基に削減)、パフォーマンス、耐障害性、手間いらずな管理など、さまざまな面で最大限の節約を実現しました。

サービスプロバイダが認めるピュア・ストレージ

Telehouse社は、省電力、高パフォーマンス、大容量で、 データ圧縮率の高いストレージを必要としていました。ピュア・ストレージの製品が、IOPsと帯域幅を増大し、遅延を6分の1に低減することを可能にしました。

CDE、FlashStackで1800の学校をサポート

CDEは、費用対効果が高く、管理が容易なオールフラッシュのVMwareベースのコンバージドインフラストラクチャを探していました。最終的にピュア・ストレージのFlashStackを選択し、価格、容量、データ削減などのメリットを得ています。


注目の技術パートナー