VVolで仮想マシンを制御

業界で最もシンプルなVirtual Volume(VVol)を実装したFlashArrayは、VMware環境向けに、手間いらずの俊敏性と制御性を優れたSLAで実現します。

仮想マシン単位の
データサービス

従来のVMFS実装では、ミッションクリティカルなアプリケーションでSLAを達成する必要がある仮想マシンの管理者に、データストアベースの管理とパフォーマンスの管理が課されていました。しかし、VVolにより、仮想マシン単位でのデータサービスを実現しました。動画で詳しく解説しています。


VVolで
仮想化のボトルネックを解消

VVolは、アプリケーションリソースのニーズを、個々の仮想マシンレベルでストレージサービスと調和させます。これにより、FlashArrayの高度な機能と組み合わせて、SLAの保証、管理、移植を仮想マシン単位で実現します。 

Virtualization with VVols on FlashArray Virtualization with VVols on FlashArray

仮想マシン単位でのSLA保証

  • 迅速できめ細かな管理、復旧、VM単位のデータサービスのトラブルシューティング、統計、レポート。
  • 仮想マシン単位の即時リストア、FlashArrayスナップショットに影響なし。
  • ストレージポリシーベースの管理による自動コンプライアンス管理。

仮想マシン単位での管理を簡素化

  • 仮想マシン単位のポリシーベースのストレージ管理により生産性を向上。再スキャンやUNMAPは不要。
  • 誤って削除されたVMの迅速な復旧(24時間以内)。
  • Pure1 MetaによるVM単位の予測パフォーマンスと容量計画。

VM単位のデータ移植性

  • リソースを柔軟に変更可能:物理から仮想、または仮想から物理への移行が容易
  • 必要に応じて、オンサイトからクラウドに移行
  • VMを自由に配置

わずか5分でVVolを設定可能

FlashArray上でVVolを使用し、仮想環境を簡単に設定、展開、管理、保守することができます。FlashArrayのコントローラにホストされている高可用性のステートレスVASAプロバイダを登録し、VVolデータストアを作成し、ポリシーをインポートします。たったそれだけです。

ミッションクリティカルなアプリの管理を簡単に

VVolを使用すると、SQL ServerおよびOracleデータベースを簡単に仮想マシンレベルで管理できます。VMware環境用のFlashArrayの豊富なデータサービスをすべて利用できます。詳細はブログ、動画をご覧ください。

柔軟な移行
しかも手間いらず

VMFSデータストアは簡単にVVolに移行できますが、両方のデータストアタイプをFlashArrayに混在させることもできます。完全にVVolに移行することも、ミッションクリティカルなアプリケーションやコンプライアンスに依存するアプリケーションだけをVVolに移行することもできます。多彩な運用方法に対応可能です。

注目の技術パートナー

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。