バックアップとリストアとは

バックアップとリストアとは

バックアップとリストアとは

バックアップとリストアは、停電、サイバー攻撃、その他の障害発生後にデータをリストアできるように、定期的にデータをコピーする方法です。目標復旧時間(RTO)と目標復旧時点(RPO)を達成する方法には、スナップショットやミラーリングなど多くの方法があります。

目標復旧時間(RTO)と目標復旧時点(RPO)

データとアプリケーションをどのようにバックアップするかが極めて重要であり、そのためには、RTOとRPOを達成するための ディザスタ・リカバリ 戦略を策定する必要があります。RTOおよびRPOの定義は 以下のとおりです。

  • RTO:アプリケーションや業務を支えるデータへのアクセスが失われることを許容できる最大の時間。どれくらいの時間で復旧することを目指すかの指針であり、これにより、どれだけ早急にシステムをリカバリする必要があるのかを決定する。 
  • RPO:損失が許容されるデータの最大量を表す。いつ時点のデータを復旧させるかの目安であり、これにより、バックアップを行う頻度を決定する。

RTOとRPOは、ディザスタ・リカバリ戦略を策定する際に認識しておくべき重要経営指標(KPI)です。

FlashBlade のテスト・ドライブ

Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

バックアップ・リストア戦略

RTOやRPOだけでなく、セキュリティ、スケーラビリティ、技術、予算などの要素も考慮し、ニーズに合ったバックアップとリカバリのソリューションを選択する必要があります。組織が使用できる技術とリソースに応じ、大規模なディザスタ・リカバリ戦略の一環として、複数のバックアップ手法を採用する場合もあります。一般的なバックアップ方法は以下のとおりです。

  • フルイメージ・バックアップ:データの完全なイメージをバックアップし、すぐにロールバックできるリストア・ポイントを作成する。完全なバックアップを行うため保存に時間がかかる。
  • 差分バックアップ:完全なバックアップを最後に実施した以降の全ての変更をバックアップする。リストアに必要なファイルは2つのみ:最後のフルイメージ・バックアップと、それ以降の差分バックアップ。 
  • 増分バックアップ:最後のフルイメージ・リストア・ポイント以降の変更を増分バックアップする。一連の増分バックアップの後、フルイメージ・バックアップでサイクルが完了する。リストアは、最後のフルイメージ・バックアップから始まり、その後、対象のRPOまでの増分バックアップが行われる。
  • リアルタイム・バックアップ:継続的バックアップとも呼ばれるこの方法では、データに対する全ての変更を別のストレージ・デバイスに即座にコピーする。最も詳細かつ包括的なバックアップを提供する。

インスタント・リカバリ:継続的に更新されるバックアップ仮想マシン(VM)が、本番VM用に維持される。本番VMに障害が発生すると、即座にバックアップに引き継がれ、RTOとRPOがゼロになる。

ピュア・ストレージの高速リストアによりディザスタ・リカバリを近代化

近代的なデータ運用に必要な規模と速度に対応するには、従来のストレージ・ソリューションでは不十分です。より厳格なRTOおよびRPOを求める組織にとっては、従来のインフラストラクチャがディザスタ・リカバリにおいて深刻なボトルネックとなります。

FlashBladeによる 高速リストア は、本番および開発・テストのワークロードにおいて、最大270 TB/時のデータ・リカバリ性能を発揮します。主なメリットには次のようなものがあります。

  • ティア1開発・テスト環境、分析、ITサンドボックス、バックアップのためのリカバリを高速化
  • Oracle RMAN、Microsoft SQL Server、MySQLのためのデータベース・バックアップを高速化
  • SafeModeスナップショット:ランサムウェア対策を標準装備

FlashBladeの高速リストアは、RTOおよびRPOの達成に必要な高速性とスケーラビリティーを備えた近代的な データ保護 を提供します。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387
Your Browser Is No Longer Supported!

Older browsers often represent security risks. In order to deliver the best possible experience when using our site, please update to any of these latest browsers.